MENU

理系の人は堅いと言われます

火遊びで出会い系サイトを利用している人が多いというイメージが一人歩きしているようです。

 

 

でも、現実には、きちんと交際してくれる相手を探しているユーザーも少なくありません。

 

 

業務上の出会いが少ない人、バリバリの理系で女性慣れしていない人なども多いです。

 

 

理系の人は堅いと言われますが、話してみると温和で、深い心配りのある人が多いです。

 

 

フェイスブックに出会いを求める人もいるようですが、登録が実名なのであちらの態度も慎重になるでしょうし、普通のブログよりプライベートの奥深いところまで知られてしまうため、出会い目的の利用だったらお勧めしません。

 

 

顔合わせまでは完全に匿名でいられる出会い系サイトなどは、必要以上に個人情報を晒さないことで逆に親しくなりやすいのです。

 

 

顔見知りでfacebookを通して距離を縮めようとする使い方ならともかく、そうでなければ、出会い系サイトを使うほうが確実でしょう。

 

 

人見知りという性格はせっかくの出会いをチャンスをふいにしてしまいます。

 

 

でも、人見知りを克服するというのは生易しいものではありません。

 

 

人見知りだったら、まずは出会い系サイトを使ってみませんか?やり取りの際に顔を直視せずにすみますし、現実の出会いのように関係を断つことで何かが壊れることもなく、とても気楽なやり取りだといえます。

 

 

相手のパーソナルな部分も事前に知ることができますから、直接会ったとしても気まずい時間はほとんどなく、すぐにスムーズに会話ができることでしょう。

 

 

今、出会い系サイトを使って恋人を探しているけれど、なかなか上手くいかないという方もいますよね。

 

 

出会える確率を上げるためのポイントは初めに送るメールでどれだけ相手に好印象を与えられるかどうかにかかっています。

 

 

ため口で軽い感じのメールも良いのですが、多くの場合は警戒されて返事がきませんし、真面目な交際に進展することは殆どありません。

 

 

とはいえ、あまりに堅苦しく重たい文面だと、関わるのも面倒に思われてしまいます。

 

 

こうした点を踏まえると、出会い系サイトのファーストメールでは、ほどよく丁寧な文体で送ると返信の確率も高いでしょう。

 

 

出会い系サイトで上手くいっていない方や、これから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

出会い系サイトで相手とやり取りする時に、どのような話題が盛り上がるでしょうか?例えば、趣味や関心が似た人ですと話も振りやすいですし、より親しくなれる気がしますよね。

 

 

出会い系においても、自己紹介のところに興味や趣味について細かく記載しておきましょう。

 

 

とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。

 

 

確かに、マニアックなものは公表しにくいという気持ちも分かりますが、知っている人が少ないマニアックな趣味ほど、同じ趣味の人にとっては仲良くなりやすいと言えます。