MENU

サイト上のやり取り以外で

最近ではネット上で結婚相手と出会うことも多いみたいで、私の友人が旦那さんの事を知ったのは実は出会い系だと教えてくれました。

 

二人とも、結婚を視野に入れた出会いを求めていたみたいで、交際してからも居心地がよかったそうで、スムーズに結婚まですすんだことを教えてくれました。

 

私から見ても二人はお似合いだし、旦那さんもすごく誠実そうな人でした。

 

出会い系サイトを利用すると良い出会いが期待できることが分かりました。

 

この前、ある出会い系アプリを使って知り合った異性の人と、初めて会ってデートしました。

 

サイト上のやり取り以外で、直接相手と会ったことがなかったので、前日まではずっと緊張しっぱなしでした。

 

けれど当日は悪い想像とは全く違って楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 

どんなところに連れて行かれるのかな?という不安もありましたが、実際はすごく美味しいお店で話も弾みましたし、趣味や仕事といった話も、アプリでのやり取りとはまた違ってじっくりと話すことが出来ました。

 

またデートする約束もしましたし、次に会うの時がすごく楽しみです。

 

前ほど勢いはないですが、モンストの人気にあやかって、mixiで恋の相手を見つけられた人もいるようです。

 

頻繁に日記を更新する人なら、どんな人であるか想像でき、オフ会やコミュニティで交流を重ねたりして、お付き合いを始めるケースもあるでしょう。

 

しかし、恋人探しが第一の目的ならmixiより出会い系サイトを使った方が恋人ができる確率が上がるかもしれません。

 

昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、受信した人が喜ぶようなメールのテクニック(メール術)が必要だと思います。

 

これは出会い系サイトにおいても同様で、メール術を身に付けていない男性は、出会い系でも失敗することになってしまうでしょう。

 

タメ口はもちろん、フランクで軽すぎる言葉遣いが好きな女性はほとんどいませんし、下心を前面に出して、会いたいと繰り返すのは多くの場合失敗します。

 

また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、関係は終わってしまうでしょう。

 

出会い系アプリには様々な種類のものが登場していますが、人気のアプリにはLINEでのやりとりを前提としたものがあるのです。

 

自分の希望する条件を検索して、無駄な時間やストレスを抱えること無く結果が出せます。

 

出会い系サイトでは、そもそもメールが返ってこなかったり、知り合ってすぐにLINEのIDを聞くのは難しいものですよね。

 

でも、こうしたLINEのIDを公開している出会い系アプリを使ったら、ID交換に関して悩むことなく相手とやり取りできます。

 

出会い系サイトを利用していると言うと、「危ないからやめた方が良い」という人が居ますが、私の経験では、トラブルなどは無く、ただ純粋に会いたくて利用している人が多かったように思います。

 

サイトやメールでやり取りする際には個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。

 

信頼できそうだと感じても、用心して直接会うと言う話になっても、人目の少ない場所は避けるようにすれば危険は少なくなりますよ。

 

当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。

 

あるいは、夜の待ち合わせはロマンチックですが、初対面では避けた方が良いでしょう。

 

当然のことですが、出会い系サイトには両極端な一面があります。

 

人間関係の希薄さを突き、弱みを握って金銭を騙す詐欺や犯罪が行われていることもありますし、サイトの中では良さそうな人でも、付き合っていくうちに暴力を振るわれるようになるというケースも少なくありません。

 

浮気したくて出会い系に登録している既婚者もいます。

 

それに対して、出会い系のおかげで素敵な恋人と出会えたという話もありますから、一口に出会い系といっても、その実態は人それぞれ違うものだとも言えます。

 

バーや居酒屋などで異性と知り合うには、それなりのコミュニケーションスキルが必要でしょう。

 

シラフと酔っているときの落差もあり、恋愛関係に発展しないので注意が必要です。

 

それに異性との出会いともなれば普段着で行けず、飲食費とあわせると時間もお金もかかります。

 

それなら、同じ目的で利用している人の多い出会い系サイトを活用するほうが効率が良いでしょう。

 

酒の過ちは避けたいですからね。

 

出会い系サイトでは一般的に仮名やニックネームが使われており、本名で登録している人は珍しいですよね。

 

でも、名前だけは本当の名前で登録しているという人もいるでしょう。

 

サイトを利用する中で、メールや電話などで何度もやりとりをして仲良くなってくると本名を教えたくなる気持ちも分かります。

 

ですが、顔も名前も分からないような相手にこちらの本名を公開するリスクを知っておきましょう。

 

例えばフェイスブックに登録している場合、設定された公開範囲が誰でも見える状態になっていると、相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。

 

今日では、婚活といっても昔ながらのお見合いや紹介といったスタイルに限りません。

 

例えば、簡単な方法で言えば、出会い系サイトがおススメです。

 

一般的に出会い系といえば、遊びを重視して誠実さに欠けるような人が利用者の多数を占めているという印象の人も多いでしょう。

 

ですが、実際は、そういう訳でもないようです。

 

意外に思うかもしれませんが、出会い系サイトには婚活のために登録している人も多くいます。

 

そういった人を自己紹介から探してコンタクトをとってみましょう。

 

このように出会い系サイトは婚活として十分役立つツールになります。

 

最近では出会い系サイトにも、色々な特徴を持ったサイトが増えてきています。

 

具体的には、大手から趣味に特化した小規模のサイト、はたまた料金の違いなど、多種多様です。

 

基本的に出会い系サイトのほとんどは、その名の通り出会いたい人と人が繋がれるものなのですが、その中には、詐欺といえる悪徳業者が運営するサイトもあります。

 

こうした悪徳サイトはあれこれと利用料金を騙られたり、やり取りをする相手がサクラしかいないといった悲惨な事態になりかねません。

 

学生のころ地味だった親友が、風水にはまっていました。

 

いらない物の断舎利をしたり、恋愛運が良くなるというグッズを窓辺や玄関に置き、写真もキメて出会い系サイトにアップしたのだそうです。

 

そしてじきに、いまのナイスな彼氏と出会ったのだそうです。

 

最初は、急に風水なんてどうしちゃったんだろうと思いましたよ。

 

でも、友人とその彼がどこそこに遊びに行ったなんて話を聞くと、出会い系っていいのかもと思い始めました。

 

そもそも彼氏探しも、出会い系でなんて考えもつかなかったので、友人の発想力ってすごいと思います。

 

見ず知らずの相手に自分の容姿を伝える顔写真には気を遣うものです。

 

とはいえ、お見合い写真ならまだしもネットの出会い系サイトで交換し合う顔写真であれば深く考える必要は無く、例えばプリクラの画像を使っても良いですし、普通のポートレートを加工して、気になる部分を修整したものでも良いでしょう。

 

ですが、修整をかけすぎて本人の面影が全く無くなってしまったのでは、本当に会った時にショックを与えてしまい、関係が終わってしまうこともあるのです。

 

容姿に自信が無いと写真を加工したくなる気持ちも分かりますが、結局関係が壊れては意味がありませんし、素直に会ってみた方が結果的には良い場合があります。

 

会社の男性というとおじさんしかいないので、彼氏になるような人はいないかと初めて街コンに参加しました。

 

話が面白い男性もいましたが、話がはずまない男性も多く、街コンって難しいものだとつくづく感じました。

 

今度は出会い系サイトがいいなと考えています。

 

私の親友は一足先にそちらでカップル成立しちゃっているので、体験談的にいろいろ教えてもらって、誕生日までには彼氏を見つけたいです。

 

一人で勉強したりダラダラ過ごす休日は必要ですが、このまま恋人もできなかったらどうしようと寂しくなりがちです。

 

ちょっと勇気は要るかもしれませんが、出会いをサポートしてくれるサイトを利用してみるといいのです。

 

連絡先を交換して徐々に親交を深めていくケースもありますし、異性からのメッセージを読んだり、プロフィールを探したりするだけで、気分が華やいでくると思います。

 

恋愛力が落ちていると自覚している人は、現役復帰を目指して挑戦してみてください。